「近傍同種の家賃相場資料」
自動作成ツール

近傍同種の家賃相場資料自動作成ツール

CLAMILL賃料査定システムの仕組みで
「近傍同種の家賃相場資料」がカンタンに作成できます

操作性・仕組み

カンタンな操作性

カンタンな操作性

家賃査定の操作をしながら
同じ画面内で作成できます

抽出事例の選択

抽出事例の選択

家賃相場の根拠となる
近傍同種事例を選択いただきます

MAP検索

MAP検索

物件を選択した後は、
MAPに自動で反映されます

ここが便利

家賃相場の資料作成を効率化できます
追加料金なし
CLAMILLの基本機能としてご利用いただけます

追加機能の背景

2020年12月15日施行の賃貸住宅管理業法(サブリース部分)によって以下の規制が義務付けられました。

  • 誇大広告等の禁止
  • 不当な勧誘等の禁止
  • 重要事項の説明

重要事項の説明(第30条~31条)とは(一部を抜粋)

サブリース業者は、特定賃貸借契約締結前にオーナーに対して重要事項を書面交付のうえ説明が定められました。
国土交通省「サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン」によると重要事項説明書では14にのぼる事項を記載して説明をしなければなりません。
とりわけ、記載事項④「マスターリース契約の相手方に支払う家賃の額、支払期日、支払方法等の条件並びにその変更に関する事項」では、以下の説明が定められました。

● サブリース業者がオーナーに支払う家賃の設定根拠について、近傍同種の家賃相場を示すなどして記載し、説明すること

CLAMILL(クラミル)の追加対応

上記、サブリース新法の施行をうけてCLAMILLでは、根拠付けの「近傍同種の家賃相場資料」の作成ツールを提供開始いたしました。
画面内に表示されている近傍同種事例にチェックを入れるだけで抽出一覧および物件MAPが自動出力されるため、 資料作成時間を大幅に短縮できます。