FV画像

『賃貸×売買×店舗』の査定に対応!

不動産査定システムCLAMILL


直感的な操作性、査定時間はわずか1分、業界最大級の物件データ量
CLAMILL(クラミル)が査定根拠や競合物件事例を明確に示します!

FV画像

『AD補正にも対応』

根拠が明確な
賃料査定システム


直感的な操作性、すぐに分かる査定結果、
導入がスムーズな賃料査定システム
CLAMILL(クラミル)が賃料査定業務の
お悩み解決をサポート!

クラミルは 「IT導入補助金2024」の対象ツールです

※申請し、採択されると最大2年間の利用費用が1/2補助されます
補助金申請の代行も承ります


IT導入補助金とは?  https://it-shien.smrj.go.jp/

クラミルは
IT導入補助金2024」の対象ツールです

※申請し、採択されると
最大2年間の利用費用が1/2補助されます
補助金申請のサポートも
経験豊富なスタッフが承ります

IT導入補助金とは?  https://www.it-hojo.jp/

ますます便利な機能を追加アップデートしています

ますます便利な機能を
追加アップデートしています

賃料査定・売買価格査定業務に欠かせない役割を担えるよう絶えず改良を進めています

物件データ量は、業界最大級の1,700万件
(全国・整備済データ)

整備済データは、週次で情報更新!
豊富な賃貸・売買物件事例をスピーディに反映しています

賃料査定・売買価格査定業務に欠かせない役割を担えるよう
絶えず改良を進めています

物件データ量は、業界最大級の1,700万件
(全国・整備済データ)

整備済データは、週次で情報更新!
豊富な賃貸・売買物件事例をスピーディに反映しています

賃料・価格査定結果は用途に合わせて
ハイブリッドで表示

ご導入企業様

大手企業様も多数ご導入の安心の査定精度

大手企業様も多数ご導入
安心の査定精度

その他、仲介・管理会社様やハウスメーカー様、デベロッパー様など多数ご導入いただけております。

その他、仲介・管理会社様やハウスメーカー様、
デベロッパー様など多数ご導入いただけております。


(開示許可をいただいているお客様のみ50音順)

(開示許可をいただいているお客様のみ50音順)

こんなお悩みはありませんか??

  • 抽出事例が少なく、算出根拠が薄いのでオーナーに説明しづらい
  • 査定担当者の経験差、賃料・売買査定方法のバラツキを解消したい
  • 特定の担当者への賃料査定・売買査定業務の集中を解消したい
  • 賃料・価格査定業務の生産性をアップし、残業時間を減らしたい
  • 競合事例を大量に収集し、査定レポートを作成したいが時間がない
  • 賃料査定システムを導入しているが使いこなせていない
  • 抽出事例が少なく、賃料・売買価格算出根拠が薄いのでオーナーに説明しづらい
  • 査定担当者の経験差、賃料・売買価格査定方法のバラツキを解消したい
  • 特定の担当者への賃料査定・売買価格査定業務の集中を解消したい
  • 賃料査定・価格査定業務の生産性をアップし、残業時間を減らしたい
  • 競合事例を大量に収集し、査定レポートを作成したいが時間がない
  • 賃料査定システムを導入しているが使いこなせていない

グラフレポートまでわずか3分
作業のムダを減らし、賃料査定・売買価格査定業務をラクにします

グラフレポートまでわずか3分
作業のムダを減らし
賃料査定・売買価格査定業務をラクにします

操作性・仕組み

カンタンな操作性!


賃料査定や売買価格査定まで1分!レポート化もわずか3分!
査定条件の設定もカンタンです。

整備済データ


独自に収集した賃貸・売買住戸事例は重複データの名寄せを徹底。
AI査定の導入など不動産ビッグデータを賃料査定・売買価格査定業務用にもっとクリアに使いやすくします。

業界最大級1,700万件のデータを
週次で情報更新!

MAP検索


MAP上で賃貸・売買比較物件の選別ができるため賃料相場・売買価格相場の異なるエリアを除けます。

カスタマイズ


査定算出後には不要な賃貸事例・売買事例の削除、査定根拠に使いやすいグラフの選別など案件毎に表示内容をカスタマイズできます。

すぐわかる査定結果
すぐ使える賃料査定・売買価格査定レポートです

ここが便利!

査定Checker


適正賃料や売買価格は一目でわかるグラフで表示。
査定根拠の賃貸競合物件・売買競合物件もリスト化しているため掘り下げた確認もできます。

MAP表示


物件所在地を明確化し手間のかかる地図作成を大幅に削減。
地図表示には便利な表示機能も豊富に搭載します。

絞り込み機能


絞り込み機能を多数搭載。
物件名、間取り、設備はもとより長期間募集し続けている賃貸・売買事例や外れ値の除外など細かな賃料査定・価格査定ニーズにもお応えします。

レポート出力


グラフ付きレポートには、賃貸・売買競合物件の詳細一覧や所在地MAPなども含みます。そのため賃料査定・売買査定レポートの作成時間を大幅に短縮できます。

リモートワーク(テレワーク)
すぐに使用開始ができ、情報共有にも適しています。

リモートワーク(テレワーク)
すぐに使用開始ができ
情報共有にも適しています。

スムーズな導入・情報共有

導入がカンタン


インストール等不要なクラウドシステム、まずは無料でお試しください。

インターネット環境


独自に収集した賃貸・売買住戸事例はインターネット環境があればすぐにご利用いただけます。

個別アカウント発行


個別にアカウント発行できるので賃料査定・売買価格査定業務や競合物件調査の見える化にもつながります。

情報の更新


不要な賃貸・売買事例の削除など、すべてWEB画面上で操作可能。そのため同期した査定画面をもとに関係者と査定結果の情報共有も行えます。

4つのステップで
賃料査定・売買価格査定業務が完了します

ご利用料金

月額3万円(税抜)からご利用いただけます。

賃料査定・売買査定の業務量や査定件数に応じて料金プランをご提案いたします。

月額3万円(税抜)から
ご利用いただけます。

賃料査定・売買査定の業務量や査定件数に応じて
料金プランをご提案いたします。

ご利用開始までの流れ

無料でお試し

ID発行は即日、インターネット環境さえあればすぐにお使いいただけます。
操作上のご不明点は、電話・訪問等でサポートいたします。

お見積り

想定ご利用件数に応じてお見積いたします。
料金プランの確定後、ご利用契約書をお送りいたします。

お申込み・ご利用開始

お試し用のIDをそのままお使いいただけます。
追加ID発行など初期設定、サービス説明会も承ります。

賃料査定の豆知識

賃料査定とは

賃料査定は緻密に


賃料査定とは、その名のとおり不動産の取引事業者が賃貸借の対象住戸に賃料設定することです。賃料がいくらであるかは、物件の価値を示すものです。得てして賃料は、これまでの経験や勘、感覚で値付けされることもありますが、賃貸経営における事業計画や安定した運用を左右する重要な数字です。
そのため包括的な近隣調査をもとに適正な賃料を調査したうえで満室稼働や空室解消にむけたリーシング活動が大切です。賃料を求める方法は、周辺の類似住戸事例との比較によって求めることが一般的です。(賃貸事例比較法)
この方法で求められた試算賃料は、比準賃料とも呼ばれます。

賃料査定とは、その名のとおり不動産の取引事業者が賃貸借の対象住戸に賃料設定することです。賃料がいくらであるかは、物件の価値を示すものです。得てして賃料は、これまでの経験や勘、感覚で値付けされることもありますが、賃貸経営における事業計画や安定した運用を左右する重要な数字です。
そのため包括的な近隣調査をもとに適正な賃料を調査したうえで満室稼働や空室解消にむけたリーシング活動が大切です。賃料を求める方法は、周辺の類似住戸事例との比較によって求めることが一般的です。(賃貸事例比較法)
この方法で求められた試算賃料は、比準賃料とも呼ばれます。

査定方法にはどんな種類がある?

「簡易査定」と「詳細査定」の2種類あり


簡易査定(机上査定)

近隣事例や過去事例を比較対象としてデータ収集し、賃料算出する方法です。短時間で相場賃料の水準や収支計画の目安などを大まかに把握したいときに適しています。また訪問査定前のプレ調査として用いられることも多いです。

詳細査定(訪問査定)

物件を現地確認して査定する方法です。簡易査定における相場賃料をふまえて主に住戸の位置や所在階、向き、日当たり、眺望、設備、傷み具合、リフォームの有無や周辺環境などを確認します。簡易査定と比べて必要なことは、訪問に伴うスケジュールと資料作成のための時間確保が必要です。そのため依頼から査定回答まで数日間の時間を要します。

「簡易査定」と「詳細査定」の2種類あり


簡易査定(机上査定)

近隣事例や過去事例を比較対象としてデータ収集し、賃料算出する方法です。短時間で相場賃料の水準や収支計画の目安などを大まかに把握したいときに適しています。また訪問査定前のプレ調査として用いられることも多いです。

詳細査定(訪問査定)

物件を現地確認して査定する方法です。簡易査定における相場賃料をふまえて主に住戸の位置や所在階、向き、日当たり、眺望、設備、傷み具合、リフォームの有無や周辺環境などを確認します。簡易査定と比べて必要なことは、訪問に伴うスケジュールと資料作成のための時間確保が必要です。そのため依頼から査定回答まで数日間の時間を要します。

簡易査定の質をあげるメリットとは?

「詳細査定」がラクになる


「簡易査定」による金額は、しばしば参考扱い程度とされますが、簡易査定の調査の質をあげれば依頼主へ具体的金額をすぐにお伝えできるばかりか「詳細査定」の事務作業時間も軽減できます。すなわち査定業務のムダを減らし、生産性の向上につながります。
簡易査定と侮ることなく、条件設定を変えて複数の切り口で査定金額の違いを比較することは新たな気づきをもたらし、提案の幅の広がりと最善の答えを探すヒントになります。
AI賃料査定システムは、最適解を導くためのサポートを得意とし、賃料査定業務の効率化に十分寄与できますが今のところAIにすべて任せておけばOKというわけにはいきません。
前提として納得感のある査定条件の設定を行い、査定事例によっては複数パターンで結果を比較検証します。そして、明確な査定根拠をもとに「これならいける」と考えた査定結果を導くことが肝要です。

「簡易査定」による金額は、しばしば参考扱い程度とされますが、簡易査定の調査の質をあげれば依頼主へ具体的金額をすぐにお伝えできるばかりか「詳細査定」の事務作業時間も軽減できます。すなわち査定業務のムダを減らし、生産性の向上につながります。
簡易査定と侮ることなく、条件設定を変えて複数の切り口で査定金額の違いを比較することは新たな気づきをもたらし、提案の幅の広がりと最善の答えを探すヒントになります。
AI賃料査定システムは、最適解を導くためのサポートを得意とし、賃料査定業務の効率化に十分寄与できますが今のところAIにすべて任せておけばOKというわけにはいきません。
前提として納得感のある査定条件の設定を行い、査定事例によっては複数パターンで結果を比較検証します。そして、明確な査定根拠をもとに「これならいける」と考えた査定結果を導くことが肝要です。

簡易査定の精度を上げるコツは?

ビッグデータをきれいにわかりやすく


  • 類似事例を大量に集めること
  • 直近の事例と比較すること
  • 重複事例をとりのぞくこと
  • 個別条件の「差」を均一にすること
  • 数値化で根拠を示すこと

賃料査定結果の根拠となるデータや査定方法は、わかりやすさが大切です。算出根拠があいまいで、査定担当者の経験や能力によって査定金額が変動してしまうようでは、とかく査定依頼主から不信感や警戒心をもたれてしまいます。
「経験や勘」に頼らず誰がやっても誤差の少ない適正賃料を短時間で導ける仕組みが必要です。

ビッグデータをきれいにわかりやすく


  • 類似事例を大量に集めること
  • 直近の事例と比較すること
  • 重複事例をとりのぞくこと
  • 個別条件の「差」を均一にすること
  • 数値化で根拠を示すこと

賃料査定結果の根拠となるデータや査定方法は、わかりやすさが大切です。算出根拠があいまいで、査定担当者の経験や能力によって査定金額が変動してしまうようでは、とかく査定依頼主から不信感や警戒心をもたれてしまいます。
「経験や勘」に頼らず誰がやっても誤差の少ない適正賃料を短時間で導ける仕組みが必要です。

賃料査定のポイントは?

根拠となるデータ収集を


  • 判断材料を増やす
  • 現状の課題と対策を知る
  • 判断材料を増やす
  • 現状の課題と対策を知る

満室稼働と空室解消対策に活用できるデータを揃えることが大切です。マーケットを把握し、敏感に適正賃料を設定できれば機会損失を防ぎ、収益を最大化できます。 例えば、募集条件の変更を経てようやく決まった物件、一方でわずかな期間で成約した物件の賃料設定は果たして適正であったのか、「もう少し高く取れたのでは?」といった疑問や反省、いまの賃料が適正か高いか安いか分からないまま賃貸管理の運営を続けている…。
適正賃料がもともと分かっていれば迅速に対応できること。
オーナーや依頼主に自信をもって提案するためには、査定根拠となるデータが欠かせません。

満室稼働と空室解消対策に活用できるデータを揃えることが大切です。マーケットを把握し、敏感に適正賃料を設定できれば機会損失を防ぎ、収益を最大化できます。 例えば、募集条件の変更を経てようやく決まった物件、一方でわずかな期間で成約した物件の賃料設定は果たして適正であったのか、「もう少し高く取れたのでは?」といった疑問や反省、いまの賃料が適正か高いか安いか分からないまま賃貸管理の運営を続けている…。
適正賃料がもともと分かっていれば迅速に対応できること。
オーナーや依頼主に自信をもって提案するためには、査定根拠となるデータが欠かせません。

賃料査定のまとめ

「賃料」は、賃貸経営やリーシング活動のもととなる重要な数字

近隣の類似事例との比較による「賃貸事例比較法」が一般的

「簡易査定」の質をあげることで「詳細査定」にも波及効果

短時間で「適正賃料」を導けるデータ整備と仕組みが必要

自信をもって提案するため、現状の課題と対策を知るための根拠となる「裏付けデータ」は不可欠

賃料査定のまとめ

「賃料」は、賃貸経営やリーシング活動のもととなる重要な数字

近隣の類似事例との比較による「賃貸事例比較法」が一般的

「簡易査定」の質をあげることで「詳細査定」にも波及効果

短時間で「適正賃料」を導けるデータ整備と仕組みが必要

自信をもって提案するため、現状の課題と対策を知るための根拠となる「裏付けデータ」は不可欠

賃料・売買査定業務のための
ビッグデータを
きれいに、わかりやすく

私たちの想い

ITを使ってお客様の賃料査定・売買価格査定業務を どのようにサポートしていくか。
私たちは、サービスの創造を通じて、お客様のビジネスに価値をもたらします。

ITを使ってお客様の賃料査定・売買価格査定業務をどのように
サポートしていくか。私たちはサービスの創造を通じて
お客様のビジネスに価値をもたらします。


人工知能(AI)がブームの昨今において不動産業界は、ビッグデータの集計・分析などITとの親和性が高く、これまでの属人的な業務を効率化できるチャンスにあふれています。
一方で、ゴールイメージが共有されないままIT導入をしたものの現場業務の改善につながらない事例、昨今の人工知能(AI)ブームで新たなサービスが立ち上がるなか、誰もが使いこなせる賃料査定システムは果たしてどれくらいあるのか?

そのような疑問が私たちがサービスを立ち上げたきっかけです。
私たちの回答は、いたってシンプルです。

そのような疑問が私たちがサービスを立ち上げたきっかけです。私たちの回答は、いたってシンプルです。

不動産ビッグデータをつかいやすい状態に人とAIがシステムで管理し、不動産賃料・売買価格査定業務に携わる方の賃料査定・売買価格査定業務の効率化および賃料査定・売買価格査定レポートの作成まで一連の査定業務をフォローすることです。
使う人が使いやすいように。近隣相場の今を説明がしやすいように。

不動産ビッグデータをつかいやすい状態に人とAIがシステムで管理し、不動産査定業務に携わる方の賃料査定・売買価格査定業務の効率化および賃料査定・売買価格査定レポートの作成まで一連の査定業務をフォローすることです。使う人が使いやすいように。近隣相場の今を説明がしやすいように。

どうしたらもっと使いやすくなるかを常に考えて、全力で賃料査定・売買価格査定システムCLAMILLの開発・改良に取り組んでまいります。

お問い合わせ

CLAMILLへのお問合せ、誠にありがとうございます。
下記フォームへご入力お願いいたします。
トライアル利用のご案内などをお送りいたします。印は必須項目となります。

CLAMILLへのお問合せ、誠にありがとうございます。
下記フォームへご入力お願いいたします。
トライアル利用のご案内などをお送りいたします。
印は必須項目となります。

会社名

部署名

氏名

氏名(かな)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

電話番号
- -

お問い合わせ内容